スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
芝居を堪能
shaft.jpg

今日は最近知り合った方の芝居があるということで麻布にありますdie pratzという劇場に足を伸ばしました。劇団は『SHAFT』という名前で今回は『夕焼けのカナタ*アカツキの手前』という作品↓




その列車は人々を乗せ走る。


華、洸、千里の三人は列車事故に巻き込まれた人々と共に、寂れた観光駅で復旧を待つ事になる。
其々の事情を持つ人々は動けない状況に苛立つが、
そのうえ強盗殺人犯人が同じ列車に乗っているかもしれないという一報が!


三人は無事に駅を出る事ができるのか?
強盗殺人犯とは?




会場入りし、久しぶりの芝居にワクワクして待っていると、ついに始まりました。
展開はテンポよくそれでいて、その口調、身振り、手振り、間などで作り上げてある登場人物の個性に知らず知らずに頭の中がその空間に引き込まれます。

その登場人物の背景にある友情、切なさ、孤独、苛立ち、夢、愛情
そして出会いがあり別れが来る。。。
これらの感情を登場人物に置き換えて現代の我々の我々が感じている気持を代弁するかのような背景に共感を覚えた観衆は多いことだろう。



そして、あっという間に時間が過ぎて終わりを迎えましたが、同じ表現者として学ぶべきところは多く、また明日からの自分の糧にしていきたいと思いました。


持っているものは皆同じで、その吐き出し口が自分は音楽であって
伝えようとする気持ちがとても重要だと思います。
別にアートと呼ぶのは勝手だけれどその核になっているものって気持ち。

まぁそれを少しでも伝わるようにみーんな努力してます。
その先にあるものがきっと素敵なものだと信じて行きたいと思います
スポンサーサイト
【2005/06/26 15:57】 | 遊ぶ!! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<活発に活動注意 | ホーム | ストリート日記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shimap.blog1.fc2.com/tb.php/272-264842dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。